マイナビ マイナビ

マイナビ

株式会社エジソン社長メッセージ

社長メッセージ 

社長に就任して、まず始めたこと。会社や社員、お客様、社会への想い。目指すべき会社としての在り方についてお伝えいたします。

『良い会社』を目指し
エジソンが進むべき道

企業理念と経営方針は
会社の道しるべ

私は安易に社会貢献をうたいながら、実際は株主や顧客にばかり目を向けている企業が好きにはなれません。そして、それは私の社長就任前のエジソンの社風そのものでした。だから、会社を刷新するにあたり、最初に取り組んだのが企業理念と経営方針(クレド)の変更です。これらは会社が成長するための「道しるべ」でもあります。まずは、企業理念と経営方針を全社員で共有するところから、一歩目が始まると考えました。

株式会社エジソン社長コメント風景
株式会社エジソン社長コメント風景

売上や利益では
企業の価値は見えない

私の考える企業理念の根幹は「“価値”を市場や顧客に提供すること」です。企業である以上、売上や利益を無視することはできません。しかし、売上や利益ばかりを追求する発想では、企業としての本当の目的(価値)は見えてはこないでしょう。私は、企業の価値は「どれだけの人を幸福にし、世の中の役に立ち、その総量がどれだけなのか」にあると考えています。多くの利益を上げても、関わる人が苦しむ企業には真の価値はありません。

社員満足の向上が
最優先順位

これまで私も多くの会社とお付き合いをしてきました。「見習いたい!」と思う会社は、得てして業績も好調です。それらの会社の社員は自主性が高く自ら進んで仕事へ臨み、トップは社員たちのやる気を引き出しています。会社の施策として、社員満足の向上が最優先順位なのです。「社員満足」とは社員が自ら成長し、企業人や社会人として恥ずかしくない生き方ができるように支援することだと思っています。

株式会社エジソン社長コメント風景
株式会社エジソン社長コメント風景

信念を貫き、良い会社で
あり続けるために

社員満足を追求すれば、社員のモチベーションは高く、質の良い仕事が行なえます。そして顧客満足度も上がり、エジソンの社員や会社が評価・支持され、さらなる成長・発展につながります。「①社員を幸せにする②顧客を幸せにする③地域社会を幸せにする」。この順番が大切です。これを貫けば、会社は周囲から尊敬される存在となり、『良い会社』になります。そして『良い会社』であり続けることが、エジソンの目指すべき道です。